FC2ブログ

お前がやれぬことならば、俺がこの手でやってやる

オッス!ZXでんがな!

突然なんですけど、ワイルド7・・・面白いっすね・・・
読み始めたら止まらない止まらないw

<知らない人のためのあらすじ>
この世には法で裁けない悪が存在する。
金と権力で罪をもみ消す者たちだ。
ワイルド7は、法で裁けぬ悪を問答無用で処刑する
特殊特権を持つアウトロー警視
たちの物語である。
(ワイルド7は、世では極悪人とされる人間をスカウトして結成された)


バイク好きで、ハードボイルド物の漫画を読みたい人には
是非お奨めしたい漫画です。


ちなみにZXは7人の中で、ペボピーが特に好きですね
巨漢で怪力のヘボピーは、仲間と共に米軍基地を襲撃し、
戦闘機を破壊した
前科を持つ。(どんだけーww
誰よりも仲間思いで、熱い漢だッ!さらにバイクもすごい・・・

ヘボピーの駆るハーレーFLHは、後輪にタイヤが6本ついた独特なスタイルで、
タイヤの形状等はバラバラで、理由は他のワイルドのスペアタイアだからです
(カワサキ好きとしては、両国マッハⅢにもトキメいたのは言うまでもありません


実写化もされてるそうで、ちょいと調べてみると・・・
なにこれ!?配役ピッタリじゃない!!! 
しかもDVDも出てるそうな!買おうかな・・・

↓とりあえず実写OP見て下さいよ!むっさくさ痺れますよ!




ついで、昨日の晩(いや朝方か?)のこと、
エミリアがブログのネタがほしいとかいって、
話題は東方のショートストーリーへ。

アチキは文才が無い上、小説ほとんど読まないんですわ
こんな語彙力の薄い人間ですが、
ガキの頃はガンダムのSSを書いたもんだ!

だれだって、野球の小説とか書いたでしょ!?
もし、ジョンボムが巨人にきたらこうなってた的な小説を!!

それを思い出したら、
「まぁ、たまには恥ずかしげもなくSSを書くのもいいかな」
と思ったわけですよ。
思いついたら即実行が信条ですけん!

以下は製作時間1時間のやっつけSSです。
暇な奴以外は読むな!いいな!絶対読むなよ!!!





・登場人物等の概要
・紅美鈴    紅魔館の番人で、花畑の管理も担当。チャイナドレスに身を包み、
         赤い髪と帽子の龍の文字がトレードマーク。
         妖怪でありながら、紅魔館で十分な食事をしているため人は襲わない。
         温和な性格(だと思う

・十六夜咲夜 紅魔館の家事全般から戦闘まで一切を取り仕切るメイド長。
         時を操る程度の力をもつ(まぁぶっちゃけザ・ワールドだわなw
         人間でありながら、その能力のため人間に忌み嫌われ、
         紅魔館に身を寄せることになる。
         ナイフ投げが得意。

・紅魔館    この世とは違った世界、「幻想郷」。
         幻想郷の霧の湖の畔に立つ洋館が紅魔館である。
         館全体は紅い色調で、現頭首はレミリアスカーレット。

※書いてる私は東方の設定等に詳しくないので、間違っていても一切の責任を負いません。  



        

「くぉおおおら!美鈴!いい度胸じゃないの?えぇ??」

「ご、ごめんなせぇ~メイド長~・・・」

美鈴の頭に頭にナイフが3、4、5・・・いや6本刺さった。
咲夜のナイフ投げも達者なもので、沢山刺さったわりには
出血は最小限に抑えられている。

「今日のお仕置きルーレットは・・・」

お仕置きルーレット・・・これは美鈴が仕事をサボった際に
仕置きを決めるために咲夜が考案した、極悪ルーレットだ。
わざわざこんなルーレットを作られたところをみると、
美鈴は相当なサボりの常習犯なのだろうか。

「・・・鉄鍋のジャン油地獄ね☆」
「ひぃいいい><」

説明しよう!<鉄鍋のジャン油地獄>とは、
最近咲夜がはまっている外の世界の漫画、
少年チャンピオンで連載していた「鉄鍋のジャン」で、
ジャンが甘鯛の調理に用いた調理法から思いついた仕置きだ。
ウロコがついたままの甘鯛を吊るし、低温の油を鯛にかける。
何度も何度もかけ、丁寧に鯛を揚げるのだ。

すると、身はジューシーでウロコまで旨い甘鯛に仕上がるのである!
っとまぁ、ここまで説明すれば、
仕置きの様子は容易に想像できるだろう・・・


「適温かしら美鈴?^^」
「メイドちょっ!っんふ、アッ・・・熱い!熱いですって~!!」

美鈴は妖怪である。死に至ることはないが、熱いもんは熱い




大量の油をかけられながら、美鈴は思い出していた。あの子のことを・・・




爽やかな風が吹き抜ける・・・
紅魔館の花畑も春の訪れを告げる花々が咲き始めていた。
揚げ餅を片手に、美鈴は花畑警備という名目の散歩。
生命に満ち溢れた花を見ながら美鈴は笑顔を浮かべた。

「助けておねぇちゃん!」

「!?どこから入ってきたのお嬢ちゃん?」

突然現れた白いワンピースを身に纏った少女は
小さな手で、美鈴の服の袖を握ってきた。
少女は強い目線で美鈴を見つめると、すぐに駆け出した。
どこへかけていくのだろう・・・
少女を追いかけていくと、いつの間にか「妖怪の山」の近く、
薄暗い森の奥深くまできていた。

「ここの岩を持ち上げてほしいの」 

大きな岩だ。しかも岩は一つや二つではなく山をなしている。
おそらく正面に聳え立つ崖が崩れ落ちたものだろう。


「おねえちゃんはこんな重い岩持ち上げられないよ!」


嘘である。

怪力女呼ばわりされるのを恐れて美鈴は少女にそういった。

「いいえ、持てるわ!私はおねぇちゃんを良く知ってるもの。」 

「え?どうして私・・・」

「はやく!時間が無いのッ!」

美鈴は積みあがった岩を、片手で次々と放り投げていった。
途中、美鈴は岩の下の異常に気付いた。

血の臭い。

美鈴は妖怪である。血の臭いには特に鼻が利く。

驚いて岩の間を覗くと白い体が見える。
すぐさま岩をどけきった。すると・・・


そこには凄惨な光景があった。

2匹の狼だ。小さい方の狼は既に息は無く
大きい方の狼はまだ辛うじて息をしている。
しかし、3mも上から落ちた沢山の岩をまともに受けたのだ。
多量の出血と共に、大きい狼も長い命では無いことを感じさせた。

「・・・まだ息してる!急いで!急いでおなかの赤ちゃんを助けて!」

「赤ちゃん?」

確かに、大きい狼のおなかの様子を見ると妊娠しているようだ。
なぜこの少女がそんなことを知っているのか気になったが、
それ以上に瀕死の狼のことで頭が一杯だった。


「でも・・・紅魔館には獣医はいないんだ。私にはどうするこt・・・」


「・・・おなかを切って取り出してほしいの・・・」


あまりの発言に声を失なう美鈴。
これが子供の言うことか?
いや、子供だからこそ持つ残酷性なのだろうか。

妖怪は人間を食べる。生きるために殺める。
そこに私怨や憎悪はない。
もちろん必要以上の殺生はしない。

ここで狼の腹を切れば、この出血だ、まず母体は助からない。
母を殺し赤ちゃんを助けるか、手を汚さずに見殺すか
突然の選択に美鈴は戸惑った。
もし前者を選択したとしても、赤ちゃんが助かるという
保障はどこにも無い。失敗すれば二つの命を奪ったことになる。

・・・自らの手で。





「・・・そんなこと私にはできないよ。」

「お願い・・・お願いだよ・・・おねぇt・・・」

「え?ちょっと!お嬢ちゃん?!」

「おねg・・・お・かぁ・・・さ・・・・」








・・・

「ハァハァ、これに懲りたら仕事はキチンとこなす事ねッ」

「以後気をつけます~・・・」


逆さ吊りから下ろされた美鈴は、すぐに花畑に向かった。

二つ並んだ大きい土の山と、小さい土の山。
美鈴は二つの山にアイリスの花を添えた後、
小さい山に揚げ餅を3つ供え、手を合わせた。
宗教を持たない美鈴だが、手を合わせると気持ちが
入るからそうしているそうだ。



「美鈴~~~~~~~~~~ッ!!なにこの狼の赤ちゃんは!!
 勝手に紅魔館で生き物飼うなって言ったでしょう!! 
 
 ・・・死刑。」


「そ、それは・・・」

「と言いたい所だけど、赤ん坊に罪は無いわ。
 お嬢様にお伺いを立てておきます。」


「メイド長・・・!」

「だけど、あんたの罰は免れませんからね。
 ・・・お仕置きルーレット・・・スタート。」


「二回目ですかぁ?!」

「だまらっしゃい!・・・えっと、なん~だアキレスの踵か。 
 うん、そんなに痛くないわ☆」


「絶対うそだ~;_;」

説明しよう!<アキレスの踵>とは
咲夜が最近はまっている外のs・・・



END



ここまで読みすすめた人、お疲れ様です。
駄文失礼致しました~

さて、エミリアが今頃必死にSS考えていることでしょう!
wktkしておこう・・・!!

俺?もう書かないよ^^
書いてて分かった・・・
ホント文才ないわw
スポンサーサイト



この記事へのコメント

- エミリア - 2008年02月23日 13:01:48

ほうほう今日はワイルド7の話題か……って思って読んでたら下にもう昨日の話題のSS書いてるwwww仕事早いってレベルじゃねえぞwwww
そしてしかと伝わったぜ…マウさんがいかに美鈴好きかってことがな。狼を助けるために力を尽くし、そして残酷な選択を迫られても、結果的には一つの命を助けた美鈴に、俺ぁ胸打たれたぜ。っか宣言通りホントに咲夜さんドSに染められてるwwwしかしこういう咲夜さんも(・∀・)イイ!!
あ、あれ?なんか下に俺がもうネタ考えてるようなこと書かれてるんですが^^;;;;
ここまで書かれたらもう後に引けないじゃまいか!!まぁ…自分でフッたネタですし、マウさんもここまでやってくれたんだ。俺もいっちょガンバリマス。さあ、次回作を考える作業に戻るんだマウさんw(米長くなってスマセン)

トラックバック

URL :

プロフィール

ゼクロス

Author:ゼクロス
結城丈二、今も我が心に

Q. なぜにゼクロス?
A.「忍者とか好きなんです」

超人強度:2800万パワー
(ネプチューンマン相当)
得意技:ゴッチ式パイルドライバー


連絡を取りたい方は
Skype:starscream_f15eagle
starscream_f15eagle∀yahoo.co.jp
までお気軽にどうぞ
(∀は@に変換)

カウンタ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新合間の戯言
PIXIV
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
新たなる殺意~全国編~


ジオターゲティング

皆しゃまはどちらからお越しですか~?

更新は寝て待て
特攻野郎ブログ
コミュ等々



戦闘力2800万という名前で参加してます (只今2級でぃーす!)

バナー


アドレス→http://blogimgs11.fc2.com/ i/n/g/ingram1/banner.jpg
RSSフィード
リンク