FC2ブログ

オタク?マニア?

なんか、今日は無性にブログが書きたい気分だぞ!!
というわけで、景気よくもう一本☆



この記事はオタク的内容且つ、私の主観のみで語るため、
気分を害しても、私は一切の責任を負わないことをご了承ください…






現代でもオタクやマニアと言うと、
「眼玉のでかいの女の子好きなんだろ?」
みたいに思ってる人間が、なんと多いことか!!

オタクの認知度の上がった現代で、そんなこと思っている人は
もう遅れています!
ナンセンス!!


さあ、オタクとマニアの違いを、なんとな~く覚えてみましょう☆




まず、

オタクとマニアってどう違うのよ?

う~ん、実はこれに関しては、
未だにきっちりとした定義が無く、表現が難しいものです

私の解釈でいいのかわかりませんが
参考程度に聞いてください





<オタクとは>

〇その壱
 アニメキャラクター等に対して、強い思い入れを持ち
 そこから自分の想像により、恋愛に近い感情を抱ける人種

〇その弐
 自分の知識を、他人にも知ってもらいたいという意識が強い



そこから見る考察ですが、
{オタク}と称される人たちは、自分達が関心を持ってることに
対しては、非常に饒舌になりますが、
関心の無い話題には、まったく理解を示そうとしない傾向があります
 
そのような傾向から「オタクはキモイ」だの「オタクはウザい」だのを
言われるようになってしまったのではないかなと思います




<マニアとは>

〇その壱
 対象物を好きになるという感情に加えて、(生物でも、そうでなくても)
 その対象物に対して、ある種、専門家的な位置の人間に
 なろうとする人種

〇その弐
 一般的認知度の薄いもの、または一般的に理解を得ないものを
 好む傾向にある



このように定義したことから、見て取れるものは、
{マニア}は「一般人に理解できなくともそれでいい」という感覚があり、
自分の愛したものが一般的に人気が出てしまったりすると
幻滅して熱が冷めてしまうことがある
のです


さて、簡単に書いてみましたが、読めば分かるとおり

オタクとマニアは、ある種、
クロスオーバーしているのです


ここから、オタクとマニアを混同してしまうのでしょう


現在、オタク、マニアの用途は多種に渡っており
ミリタリー、電車、大仏(いるんですってw)
等、様々・・・





多少なりとも分かっていただけたでしょうか?

つまり言いたいことは・・・

誰にだって、オタク(マニア)な部分が
あるだろが!?



絶対にあります。無い人なんかいません。






何故こんなことを書きたくなったか・・・
それは、自分のマニアっぷりを晒したいからじゃありません・・・




(とある飲み会にて・・・)


Aさん「〇〇〇(バンド名)って一気に売れたね~」

B男 「あ、俺そのバンド超前から知ってたし^^(ベラベラ・・・・)」

Aさん「・・・・」

B男 「マジぜって~売れると思ったね^^^^^^」

ZX 「んで?」





クソDQNに「オタク気持ちワリー」
とか言う資格はない!!
空気嫁よコンチクショー!!!11!!1








テメーなんかより、よっぽどトーク出来るオタクは
ゴロゴロいるっつーの・・・(ブツブツ


ギャグでもなんでもないのに、私は自分のことを棚に上げて、
人を批判する奴は大嫌いです!! o(`ω´*)o






あれ・・・?講義のつもりが、ただの鬱憤晴らしに!?

見苦しい文で申し訳ありませんでした><




以上
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ゼクロス

Author:ゼクロス
結城丈二、今も我が心に

Q. なぜにゼクロス?
A.「忍者とか好きなんです」

超人強度:2800万パワー
(ネプチューンマン相当)
得意技:ゴッチ式パイルドライバー


連絡を取りたい方は
Skype:starscream_f15eagle
starscream_f15eagle∀yahoo.co.jp
までお気軽にどうぞ
(∀は@に変換)

カウンタ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
更新合間の戯言
PIXIV
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
新たなる殺意~全国編~


ジオターゲティング

皆しゃまはどちらからお越しですか~?

更新は寝て待て
特攻野郎ブログ
コミュ等々



戦闘力2800万という名前で参加してます (只今2級でぃーす!)

バナー


アドレス→http://blogimgs11.fc2.com/ i/n/g/ingram1/banner.jpg
RSSフィード
リンク